日焼けしたくない保育士って、ナシなの?


「ご両親の手前、自分達だけガッツリ日焼け対策するのって印象悪くないかな、、、」

 

これは意外と多い日焼けしたくない保育士の悩みです。

 

 

考え過ぎとも言えますが、実際に
保育士の日焼け対策に疑問を持つご両親もいらっしゃるようです。

 

難しいところですね。

 

 

ここではその点ぶっちゃけて
園児のご両親にアンケートを取ってみました。

 

日焼けしたくない保育士について、園児10人のご両親に聞いてみた!

保育士が日焼け対策をすることをどう思いますか?賛成?反対?

 


40歳 専業主婦 賛成

 

保育士が日焼け対策をしていることについて、何とも思いません。
若い女性が多いので、日焼けだって気になるだろうし、アラフォーになった今若いころの日焼け対策を怠ったことを後悔しているくらいですから。
仕事をしなければ、一個人。日光アレルギーの人だっているだろうし、なにをそこまで目くじら立てる必要があるのでしょう?
むしろ、そこまでして我が子を外に連れ出して遊んでくれているのです。
また、それだけ日焼けに対して気配りができるってことですよね。子供にもきちんとした対応をしてくれそうで、信頼できる部分もあるのではないでしょうか。

 


41歳・主婦・賛成
保育士さんが日焼け対策をしても全然いいのではないでしょうか?しっかりと着込んで日焼け対策をしたからといって、子供と遊ぶことに手を抜いている訳ではないからです。保育士さんとして一番大切なことはなにかと考えると、子供とどう接するかということだと思います。心から子供を愛し、子供ためにどんなことが大切かを一生懸命に考えながら保育をしているかではないでしょうか。見た目はどうでもいいのです!大事なことは、子供と信頼関係を築き、子供がこの先生で本当に良かったと思える教育をしてあげることだと思います!愛情いっぱいの教育をされた子供達は、きっと力強くまっすぐ成長していってくれるはずです!

 


47歳 会社員 賛成

 

子供はもう保育園の時期を過ぎましたが、意見を述べさせてください。
昨今はオゾン層破壊などの問題で紫外線が強く、人体に被害を及ぼす確率が高くなったと思います。
私自身はあまり日焼け対策には気を遣っていませんが(もう歳なので)、若い保育士さんはきちんと日焼け対策をするべきだと思っています。
もちろん、帽子を深く被ったり、長すぎる袖で手先まで日焼け対策をしていると、子供の安全を守るにあたって妨げになることがあるかも知れません。
その点は、保育士の本分に立ち返り、園で規則を設けたり保育士同士で注意しあうなどの工夫が必要であると思っています。

 


26歳、主婦、賛成

 

我が家の子供も、去年まで保育園に通っていました。
保育園では夏場にプールの時間もありますし、毎日の散歩などで日焼けする機会がとても多いように感じます。

 

なので着込む事で日焼け対策をする事は全く問題ないと思います。日常的に子供を抱っこしてもらったりもするので、日焼け止めなどを塗って対策されるよりは、着込んでくれた方が親目線でも安心です。

 

なにより、日焼けして肌が痛いなどの理由で子供たちと満足に遊べなかったり気が散ったりする事を防いでくれていると思えば対策してくれている方がありがたいです。

 


35歳、主婦。反対。
保育士がしっかりと着込んで日焼け対策をしている姿には反対です!
理由は見た目も暑苦しいのと、夏は特に汗をいっぱい必要以上にかいたり、汗疹とかできたり熱中症にもなりやすいかと思います。子供が真似をして着込んでほしくありません。
なるべく涼しくしてほしいし、日焼けが気になるなら日焼け止めスプレーとかで対策をしてほしいし、また見た目も明るく見えるので保育士がしっかりと着込んで日焼け対策をしている姿には反対です。

 


『44歳』『主婦』『賛成』

 

私は現在末っ子を園に通わせている主婦です。
先生方が日焼け対策をしている事に違和感はありません、通常保育では外遊びや散歩は毎日の事ですし夏がくれば海遊びもあります。むしろしっかり日焼け対策して保育していただいてかまいませんよ。
自分の日焼けが気になって肝心の子供達に目がいかないとか、一緒に遊ばないで日陰で見ているとかその方が親としては不愉快に感じます。
しっかり日焼け対策をして子供達と遊んであげてください。 

 


35歳、専業主婦。賛成。
真夏の暑い中でも、元気な子供達と遊ぶ為に一生懸命相手をしてくれている保育士さんを尊敬します。しっかり着込んで日焼け対策している姿を見ると、「本当に大変だな。」「ありがたいな。」「お疲れ様です。」というような尊敬と労いの言葉しか浮かびません。夏に着込んで日焼け対策をする保護者がたくさんいるように、保育士さんだって日焼けはしたくないはずです。着込んで日焼け対策をする保育士さんを見ても、反対という人の理由が理解できません。

 


私は31歳、専業主婦です。
私は保育士がしっかりと着込んで日焼け対策をしている姿は、賛成です。仕事とはいえ、やはり女性なので日焼けをしたくない気持ちは分かりますし、最近の日差しは前と違い厳しくなっているからです。着込まないことで日焼けばかりを気にして子どものことがおざなりになり、もし危ない事をしていても気づかれずに終わるという最悪の事態を招くよりも、着込んでもらい日焼けを気にすることなく子どもに寄り添ってもらうほうが全然いいです。

 


40歳 専業主婦 賛成
わが子が通った保育園でも、保育士の方々はタオルや長袖などで日焼け対策をしていましたが、当たり前のことだと思います。
むしろ、こんなに紫外線の悪い影響がはっきり分かってきた現代で対策をせずに日焼けしているほうが、紫外線の害をご存じないのかな?と思って子どもを預けるのが心配になってしまいます。
日焼け対策をしている保育士さんならば、子どもの日焼けにも気を遣ってくれるような気がして、私は好感を持ちます。

 


29歳
主婦
賛成

 

反対される方…いるのでしょうか?うちの子が通う幼稚園の先生も日焼け対策はバッチリしています。紫外線が強い日でも毎日お外に何時間も出るわけですから。20代前半の若い先生も多く、若い先生も見た目など気にせず、畑仕事のおばちゃんみたく首まである帽子を被り、暑い中長袖もしくはアームカバーをして頑張ってくれています!日焼け対策はガンガンして頂いていいと思います。今時、子どもでも男性でも、日焼け対策万全の方は多いですしね!(私が子どもの頃は特に気にせず、真っ黒に焼けていました笑)

 

 

 

ほとんどのご両親は日焼け対策に賛成でしたね。

 

保育士と言えども1人の人間ですし、そこらへんは理解してくれているようです。

 

 

かと言って日焼け止めクリームは塗れない環境だったり
何だかんだ頑張ってもムラに日焼けしてしまう

 

ここが難しいところです。

 

次はムラに日焼けしない方法をご紹介します。

 


子供たちはビタミンDを大人の2倍必要とします。

 

その為、お外遊びは必須イベント。

 

「でも、将来の為にも、日焼けしたくないな。。。」

 

それなのに、、、

 

  • 日焼け止めもメイクも禁止されてる
  • 塗り過ぎたら子供たちにも良くない気もするし
  • 日焼け止めを塗ってもムラが出て焼けちゃうし
  • そもそも0歳児を受け持っているので日焼け止めはダメ。。。

 

このような忙しい保育士さんが選んでいるのが飲む日焼け止めです。
>>飲むタイプの日焼け止め【去年の売れ筋】ランキング

とある日焼けしたくない保育士さんの体験談


私の働いている保育園では、保育士のメイクは禁止されています。

 

だからといってすっぴんで行くわけにはいきません。

 

ほぼ、園庭で子供達と遊んだりしているのですっぴんで行ってしまうと日焼けしてシミになってしまいます。私は、ファンデーションはしていませんが、日焼け止めだけは欠かさずにしていきます。

 

メイクをしているようには見えないので、日焼け止めくらいなら良いと思っています。

 

特に、首元はかなり日焼けして汚くなってしまいます。

 

運動会の時期は、どうしても日焼けは避けられないので自分で日焼け予防をしていくしかありません。

 

私は5歳児を担当していますが、0歳児を担当している保育士さんは日焼け止めも気を付けていると教えてくれました。

 

小さい子は、遊びながら顔にも触れてきたりします。

 

 

0歳児は指を口に入れたりするので、担当している保育士さんは子供に害のない物を選んだりして気を付けていると知りました。

 

最近、選ぶのは飲むタイプの日焼け止めだそうです。

 

アレルギー体質の子が居たりすると、本当に何も付けられないので
体内からの日焼け止めにするそうです。

 

 

保育士は
子供達と水遊びをしたり、たくさん汗をかいたりします。

 

いつも
しっかりとカバーしてくれているだろうかと、心配になる時もあります。

 

腕や手の甲など日焼けしてしまうと、結婚式も控えているので残念な感じになってしまいます。

 

色白の方がウエディングドレスも似合うと思うので、腕の日焼けは絶対にしたくないなと思います。

 

普段から、日焼けに十分気を付けないとと感じています。

 

日焼け止めを塗りすぎると白くなってしまうので、不自然ではない程度にやっています。

 

保育士のメイクはできないので、帽子を被ったりアームカバーをつけたりと工夫しながら園児と遊んでいます。

 

遠足に行く時も、日焼け対策はバッチリしていきます。

 

首元が日焼けをしてしまうと、年齢を感じやすくなり日焼け後のケアが大変になってしまうので気を付けています。

 

水で落ちにくい物は、本当に水を弾いてくれて重宝しています。

 

プール遊びがある時期は必ず水に強い物を選んでいます。

 

雨の日で、朝塗る時間もなかった時にすっぴんで出掛けたことがあります。

 

日差しは出ていなくても、しっかりと日焼けをしてしまったのです。
それからは、曇りでも雨の日でも必ず塗るようにしています。

 

毎日のケアが大事になってくるので、仕事が終わって帰宅後はしっかりと日焼け止めを優しく落とすようにしています。

 

毎日大変ですがマメにしていかないと、シミがいつの間にかできてしまっているので頑張っています。唇もしっかりとケアしないと、日焼けをしてしまうので気を付けています。
>>飲むタイプの日焼け止め【去年の売れ筋】ランキング

日焼けしたくない保育士に多い光線性花弁状色素斑

保育士に多い
日焼けの悪影響としては
光線性花弁状色素斑があります。
>>【写真】光線性花弁状色素斑

 

 

>>光線性花弁状色素斑の原因と治療方法

 

強烈な紫外線を浴びることにで
花びらのような深いシミが大量にできます。

 

職業だからとあきらめるには辛すぎるシミです。

 

そこで選ばれているのが
飲む日焼け止め(食品)です。

 

>>飲むタイプの日焼け止めランキング

 


保育士をしている上で避けられないのが日焼け対策です。

 

子ども達と外遊びをすることも頻繁ですが、その都度、日焼けしたくないからと
のんびり日焼け止めクリームを塗りなおす暇はありません。

 

日焼け止め対策を怠ると、シミやシワの原因になりますし、子ども達と一緒に遊んでいるうちに肌が真っ黒になってしまいます。

 

そこで保育士の私がしている日焼け止め対策をご紹介します。

 

保育士の日焼け止めでは、SPFとPAが高いものを選びます。

 

SPFはレジャー用の30〜50の効果の高いものを選んでいます。

 

 

3歳児以上の外遊びは短時間ではないので、しっかり効果の高い物を選ばないとすぐに日焼けしてしまいます。

 

 

あと匂いがあるものやべとつくものを付けていると嫌がる子もいるので、無香料で白くならないタイプにしています。

 

 

出来るだけ成分が優しいのも重要ポイントです。

 

 

低年齢児を担当している場合には、必然的に肌と肌が触れ合うことも多くなるので、効果が高い物より肌に優しい敏感肌用を選ぶことが多いです。

 

 

日焼け止めクリームは、朝の出勤前に、首や手足に念入りに塗り込みます。

 

顔用には、ファンデーションや下地に日焼け止め効果のあるものをセレクトしています。

 

 

曇りの日も紫外線は強いので、晴れの日同様に対策をしていきます。
飲むタイプ日焼け止めも併用してます。

 

 

園内は室内も廊下も窓ガラスがとても大きいので、
室内で浴びる紫外線も侮れません。

 

 

日焼け止めの効果がある時間には限界があるので、子ども達のお昼寝タイムに、さっと塗り直しをします。

 

 

スプレータイプの日焼け止めも常備し、時間がないときには活用しています。

 

服装に関しては、私の勤務している保育園では保育士は基本的にジャージです。

 

 

日差しが強く、暑い日に外に出るときには、UVカット用のパーカーを着用するのが手軽でした。
薄手のものやおしゃれなものも沢山でています。

 

 

数枚用意し、洗い替えしながらいつでも着用できるようにしています。
水遊びやプールの時はラッシュガードを着用します。

 

 

帽子は深めの物を着用します。

【お外遊び】保育士の日焼け止め体験談〜その2

UVカット機能があり、つばが深めでゴムがついているものをセレクトします。

 

 

帰宅後は化粧水、乳液、美容液をたっぷり使用し、肌のケアも大切にしています。

 

夏場はサプリを使って、内側からのケアもしています。

 

保育士は職業柄、どうしても日焼けしやすい仕事ですが、忙しくても取れる対策もたくさんあります。

 

 

日焼け対策を事前にしっかりとして、日焼けに気を取られずに子ども達と元気に遊べるように心がけています。

 

日焼けしたくな保育士の服選び

日焼けしたくな保育士の服選びについて説明します。

 

まず、日焼けしたくな保育士さんが選ぶべき生地

 

そもそもUVカット素材を使ったUVカットパーカーやラッシュガードパーカーなどを選べば1番簡単です。
使っている生地に紫外線吸収剤や紫外線拡散剤が練り込んであります。

 

手持ちの服で選びたいのがポリエステル、ビニロン、羊毛です。
特にポリエステルで織り方の細かい生地は日焼けしたくない保育士さんに選んで欲しい素材です。

 

男性の保育士さんでは難しいかもしれませんが
四方にツバのあるハットを被る事でかなり顔への紫外線をカットできます。

 

キャップであってもデキる限りツバの長いものを選ぶようにしましょう。
>>実際の保育士さんの服選び体験談

日焼けしたくない保育士が選ぶべき服の色

子供たちの手前、暗い色の服は選びにくいかもしれませんが
暗い色ほど紫外線透過率が低いとされています。

 

ですが、ですが、
実は黄色の紫外線95%カットなんです。

 

黒が97%カットですから、なかなかですよね?

 

さらに青もかなりの紫外線カット率です。

 

保育士さんが日焼けしたくないと思ったら黄色・青い服やエプロンを選ぶと安心ですね。

 

でも
白に近ければ近いほど急激に紫外線を通しちゃうのでご注意を!

 

 

これに加えてネックカバーやアームカバーを合わせるとかなり良いかと。
しっかり「UVカット」と記述されたものを選びましょう!

 

夏では
暑いかもしれませんが、ここでも織り方の細かいものを選びましょう。
べたつかない素材もあります。

 

半袖のエプロンと合わせて使うのがベストですね。

 

紫外線は冬や秋も降り注いでいます。
1年通して対策しておくのが将来の為と言えますね。
>>実際の保育士さんの服選び体験談

日焼けしたくない保育士のための、お外遊びの必需品を説明します。

 

それは何と言っても、日焼け止めです。

 

もう当たり前と思われるかもしれませんが、正しい塗り方で塗布していますか。

 

塗り方のポイントをおさらいし、効果的に紫外線ダメージを防ぎましょう。

 

そのポイントとは、日焼け止めを塗る前に肌のお手入れをしておくことです。

 

化粧水、乳液などで肌を整えてから、日焼け止めを塗布しましょう。

 

ボディも同じです。なるべくボディローションやクリームなどでケアしてから、塗るようにしましょう。

 

スキンケアの後にすぐ日焼け止め、ではなく、スキンケアの美容成分が肌に入り込み、
ヌルつきやベタつきが無くなった後に、日焼け止めを使用すると良いでしょう。

 

こうすることで、日焼け止めがピッタリと肌に密着し、取れにくくなります。

 

また、肌が潤った状態ですから、日焼け止めを塗る時に摩擦が起こりにくく、シワの原因も防げます。

 

乾燥した肌にさらに日焼け止めを塗ると、より水分が蒸発し、カサカサ感が増してしまいます。

 

さらに、もうワンポイント紹介します。

 

日焼け止めが肌に馴染むまでに30分程度かかります。

 

お外遊びの直前に慌てて塗るのではなく、出勤時に全身に塗り終えている状態で仕事に向かいましょう。

 

ゴシゴシと擦り込んでしまうと、摩擦が肌を傷つけたり、日焼け止めの成分が皮膚の奥に入り込みクレンジングしにくくなってしまうこともあります。

 

新たな肌トラブルを招かないよう、余裕をもって滑るように塗りましょう。

 

また、塗布の際はたっぷりムラなく使用し、2〜3時間起きに塗り直すと効果的です。

 

 

最近では、スプレータイプも普及しています。

 

噴霧することで、手軽に日焼け止めが出来ます。

 

スプレーなので満遍なく肌を守り、塗り忘れも防げます。

 

しかし、汗などの水分に弱く、長時間の使用には向きません。短時間の外出や、面倒くさがりな方に向いています。

 

 

日焼け止めには、飲むタイプもあります。
モデルや海外セレブの間で浸透しつつある飲む日焼け止めです。

 

サプリメントのように、数粒飲むだけで、全身の日焼け止め効果があります。
日焼け止めをわざわざ全身に塗ったり、塗り直したりの手間がなく、忙しい保育士には嬉しい商品です。

 

 

また、飲む日焼け止めは肌に触れることが無いので、敏感肌や皮膚の弱い方でも問題なく使えます。

 

 

やはり、日焼け止めはお外遊びには欠かせないアイテムです。
自分の肌質や、性格、外遊びの内容などにもよって日焼け止めを選び、上手に使い分けていくのも賢いやり方ではないでしょうか。

 

保育士でお外遊び日焼けは避けられない

預かった子ども達の面倒を長時間にわたりお世話しながら、事務作業もこなさなければならない保育士。
忙しく帰りも遅くなりがちですが、子ども達の成長を見届けることが出来ますし、何より小さくて愛らしい子どもと過ごせる充実した仕事と言えます。

 

やりがいもあり、子ども好きな方にはピッタリの職業です。

 

しかし、そんな保育士にも様々なマイナートラブルが存在します。

 

晴れた日には、夏であろうが冬であろうがお外遊びに行かなければなりません。

 

ヒトの体には、太陽の光を浴びてビタミンDを生成するという働きがあります。
ビタミンDは、免疫力や成長には欠かせない成分です。

 

特に子どもは大人の2倍もの量のビタミンDを摂ることが推奨されています。
そのため、お外遊びは子どもには欠かせないイベント。

 

 

しかし、日焼けしたくない保育士にとっては、悩みの種でもあります。

 

子ども達と元気に遊ぶには、動きやすい服装が必須です。

 

日傘やサングラスなどは、子ども達に当たってケガをさせてしまったり、
サングラスでは視界が悪くなり何かトラブルが起きてしまうこともあるかもしれないため、なかなか装備出来無いと思います。

 

 

しかし、無防備のまま数時間も外に居ては、紫外線のダメージもどんどん蓄積されてしまいます。

更新履歴