私が食べているものについて書きます。


31歳

 

私が気を使っている日焼けしたくない時に良い食べ物について書きます。

 

日焼けは女性にとって大敵ですよね。

 

シミがなくて白い綺麗な肌をキープするためにも日焼けは避けたいものですが、一切の日の光を遮断するというのは無理なので私はいつもUVケアだけではなく食べ物に関して気を付けています。

 

 

日焼けしたくない時に良い食べ物で、私が食べているものについて書きます。

 

 

私が積極的に食べているのがいちごです。

 

肌に良い栄養と言えばビタミンCというイメージがあるのですが、へたをとればすぐに食べることができますし、食欲がない朝などにも食べやすいので私にとっては欠かせません。

 

 

しかし夏になると国産いちごが出回らなくなるので日常的に食べられなくなってしまうので、とりあえず5月や6月の国産いちごがまだ出回っているときはしっかり食べるようにし、その後はアメリカいちごなどを食べたり、しばらくいちご自体をお休みするようにしています。

 

 

飲み物は基本的にジュースやお酒を避けて水やお茶にしたり、ビタミンCがたっぷり含まれているアセロラジュースを飲みます。

 

 

甘酸っぱくて汗をかく夏には特においしく感じるのです。

 

 

ビタミンCを意識して摂取しているおかげか、未だにシミと言えるものに悩まされていませんし、肌の調子も特別不調だと感じることもなく過ごせています。

 

 

ビタミンC以外のもので言うならばビタミンEにも注目しています。

 

 

日焼けを未然に防ぐのも大切なのですが、すでに肌が焼けてしまったという場合でも肌のターンオーバーを促進させたり、抗酸化作用でエイジング効果を期待することができるということでビタミンEも積極的にとるようにしているのです。

 

 

私が好んで食べているのはアーモンドです。

 

 

塩味がついていない素焼きのものを選んで食べているのですが、アーモンドのほのかな甘みを感じることができてとてもおいしいので、毎日のおやつに数粒食べています。

 

 

おやつとして食べるのに飽きたら細かく砕いてサラダにかけてみたり、フライの衣をパン粉ではなくアーモンドを細かく砕いたものにしたりなど料理に活用することもあります。

 

 

カロリーが高いですし食べ過ぎには注意が必要だということを聞いたので、毎日20粒程度を目安にしています。

 

 

肌の調子が良いだけではなく、食物繊維のおかげかお通じも良いのでダイエットにもなっています。

 

 

私は体質的に焼けやすく、日焼けで赤くなったり肌がむけたりせずにすぐに黒くなってしまうので美白ケアは欠かせません。

 

 

UVケアもしっかり行いますが、毎日の積み重ねが大切だと思って日々の食事にも気を遣うようにしています。