光線性花弁状色素斑ができる原因と治療方法


ここでは悩む保育士も多い
光線性花弁状色素斑の原因と治療方法についてまとめました。

 

夏は特に紫外線量も多く、日差しもきつく、さらに薄着になりますので、紫外線による肌トラブルは起きやすくなっています。

 

それゆえ、しっかりと対策は考えておきたいですが、トラブルが起きてしまった場合はその対処法も知っておきたいところです。

 

夏に多い肌トラブルのひとつには光線性花弁状色素斑があります。

 

これは黒褐色の色素沈着で花びらが散ったように見えることからこの名前で呼ばれています。

 

改善のためには、まずは原因を知っておくことも大切ですので、光線性花弁状色素斑ができる原因を解説します。

光線性花弁状色素斑の原因

夏場は紫外線の影響を受けやすいですが、特にプール・海水浴などの際は日焼けにともない、水ぶくれができてしまうこともあります。

 

いわゆるサンバーンと呼ばれる状態ですが、こうなると色素沈着を起こしやすくなります。

 

火傷と同じような状態ですので、紫外線対策はきちんと行うことが大事です。

 

特に肩や背中の上部分にできやすい傾向にあり、

  • そばかすがある人
  • 色白の人
  • 普段あまり紫外線を浴びる機会がないという人
にもできやすくなっています。

 

そして過度に日焼けをすることは免疫力を落としてしまう原因ともなり、回復が遅れてしまう傾向もあります。

 

予防方法としては、日焼け止めクリームを塗る、日焼けしてしまった部分を冷却して炎症を抑えるなどがあげられます。

 

予防をしっかりと行うことで光線性花弁状色素斑の発生のリスクを抑えることができますが、すでにできてしまった、なかなか改善しないという場合は医療機関の治療も検討したいところです。

 

そして、医療機関ではどのような方法で改善していくのか、その治療解説を説明します。

光線性花弁状色素斑の治療方法

まず、治療は皮膚科、美容皮膚科、美容外科などで行われますが、診察を受け、光線性花弁状色素斑と診断されたら、それぞれの症状に合わせて治療を進めていくこととなります。

 

 

飲み薬や塗り薬が処方されることもあり、この場合は

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
が選ばれることが多くなっています。

 

 

より早く改善したいという場合はレーザー治療が向いています。

 

 

レーザー治療にも多くの種類がありますが、こうした症状の改善にはQスイッチルビーレーザーが選ばれることが多くなっています。

 

 

肌への負担も少なく効果的な治療が受けられると人気の方法ですが、施術後は紫外線の影響を受けやすくなっていますので、施術を受けた部位の紫外線対策はきちんと行っておきましょう。

 

 

良い改善を得るためにはアフターケアをしっかり行うことも大事ですので、治療後のケアは怠らないようにしましょう。

 

光線性花弁状色素斑は
保育士や体育教師などの外作業の多い職業、日焼けしたくないけど日焼けしてしまう職業には
特に多い悩みです。

 

正しい方法で可能な限り色素沈着を抑えましょう!