保育士としての服選び体験談です。


私の保育士としての服選びについて書きます。

 

保育士は子どもと一緒に外で遊んだり、夏の一番暑い時期にプールで遊んだりと日に焼ける機会が多くなります。

 

私の場合も、園の方針からできるだけ外遊びをするように言われていたので、お部屋での活動よりも外での活動の方が多く、雨の日も、気温が高ければ外に散歩に行くことがありました。

 

あまりに日に焼けるのは、肌にとっても良くないことは知っており、朝、きちんと日焼け止めクリームを塗っていてはいましたが、いつの間にか日に焼けて、顔はヒリヒリするし、鼻の頭はトナカイのように赤くなるし、どのように対処したら良いのか悩むこともありました。

 

 

私の保育園では、服装が決められていたので、服の選び方については本当に悩みました。

 

夏の時期だけ、アームカバーや、ネックカバーを使用して良いことになっていたので、できるだけUV加工のしてあるものを選んでいました。

 

アームカバーでは、
黒色ではなく白っぽい色で見た目も爽やかな感じ。

 

ネックカバーでは、
水玉模様など圧迫感がないものを選んでいました。

 

 

これも園長先生の方針で、
できるだけ子どもには様々な色を見せたい、ということでしたので、一般的にある黒色の物は避けていました。

 

 

アームカバーではつけていると汗をかき、肌があれてしまうので、メッシュが入ったものを選んでいました。

 

 

また、プールの時期はUV加工のあるラッシュガードを身につけていました。

 

 

ラッシュガードのUVカット力はかなりあり、着ていると焼けることは少ないです。

 

 

ですが、ラッシュガードで守られていない足先や手などはどんどん焼けてしまうので、
ラッシュガードのみで対処すると体のある一か所の部分だけ焼けてしまい、逆に変な感じになってしまいます。

 

 

私の場合も、手や足先に日焼け止めクリームを塗っていたもののラッシュガードを身につけているから大丈夫だろうと、子どもたちとはしゃいでいたら、見事に手袋をしたように焼けてしまいました。

 

 

日焼けをしたくない場合はきちんと日焼け止めの効果のあるクリームを塗り、油断しない方が良いな、と感じました。

 

 

UVカットパーカーも着用することがありました。

 

 

UVカットパーカーは、紫外線を通りにくくするものですが、軽くて風通しも良く着ていても違和感を感じることはありません。

 

 

ですが
保育士の場合、パーカーを着てよいのは、雨が降っている時や寒い時などに限られていることがあるため、あまり着用することはありませんでした。

 

 

子供をきちんと見るという観点で考えると、日焼けはある程度してしまいます。

 

 

服選びは必ずUVカット加工のあるものを身につけるのと同時に、全身に日焼け止めクリームを塗るなどの対処もしていました。