まぶた日焼け対策


まぶたの日焼けについてまとめました。

 

まず結論から言いますと
まぶたの日焼け対策では圧倒的に
飲む日焼け止めが人気です。

 

これはまぶたがとてもデリケートな部分であり、
日焼け止めクリームなどを塗るとちりめんジワなどの老け原因になるからです。
>>>>【飲む日焼け止めランキング】14選

 

 

 

夏場など暑い時期になると日焼けしやすいため、紫外線対策をするということも大切です。長時間、紫外線に肌をさらしていると肌に対してダメージとなることもあるため、できるだけ直射日光を浴びるのは短時間にとどめておく必要があります。日焼け止めや直接、肌が日光にさらされないように紫外線対策用のグッズなどを利用して肌を守るようにするといいでしょう。

 

日焼けしやすいのは腕や顔、首などです。

 

特に顔の場合には、帽子や日傘などを利用して紫外線を防ぐといいでしょう。

 

対策をせずにいると直射日光により日焼けしてしまい、状態によっては肌がヒリヒリ痛い状態になることもあり、まぶたなどは皮膚でもかなり薄いという点から日焼けしてしまうと炎症を起こしやすく腫れやすい傾向もあります。

 

 

時にはかゆみを伴うこともあるため、まぶたの日焼けをした場合には、きちんとしたケアをする必要があるためケア方法を説明します。

 

まぶたが日焼けしちゃったら?

基本的に日焼けの状態は、軽いやけどをしたというイメージを持つといいでしょう。

 

やけどの場合には、すぐに水などを流して患部を冷やすことが大切です。

 

同じように、日焼けでヒリヒリ痛い場合には、その部分を冷やすといいでしょう。

 

また、日焼けの状態は、肌が乾燥しがちです。

 

保湿を重視することも重要なポイントといえます。

 

そのため、化粧水などを利用してまぶたの部分の保湿をしていくといいでしょう。

 

 

ですが、痛みがある状態でいつも使っている化粧水を使用すると、刺激が強すぎる可能性があります。

 

 

刺激が強く痛みが出るような場合には、いつも使っている化粧水よりも刺激が少ないタイプの化粧水を使用して対処することも大切です。

 

 

肌のケアをする場合の基本として自分の肌質に合った化粧品でケアをすることを心がけていきましょう。

 

 

自分の肌にあわない化粧品を使用すると肌のケアのつもりがかえって肌荒れを引き起こしてしまうこともあり、日焼けの状態においては、いつもの肌の状態とは違うため、肌に合わない化粧品でケアをしてしまうと肌に対して負担となる可能性がでてきます。

 

 

まぶたの状態にもよりますが、できるだけ刺激の少ないタイプの化粧水などを利用して保湿をしていきましょう。

 

 

まぶたの日焼けによって痛みがそれなりにある場合には、痛みがある程度ひくまで様子を見てその後、化粧水でケアをするようにしましょう。

 

 

日焼けの場合には、その状態によって痛みや肌の赤みが数日間でることもあり、その後肌の色が黒くなり肌の皮がむけることもあります。

 

 

1ヶ月程度で日焼けの状態から回復することになりますが、ケアを怠ったり、日焼けがそれなりにひどい場合には肌の状態が元の状態の戻るまで数ヶ月かかることもあります。

 

 

日焼けだからそれほどたいしたことではないと油断をせずに、できるだけきちんと日焼けに対してケアをしていくことが、肌の状態をできるだけ早く回復させるためには必要なことといえるでしょう。

 

 

 

また、日焼け対策をしっかりとしておくことで日焼けの悪化を防ぐことにもなります。

 

 

日ごろから紫外線対策を怠らないことや日差しの強い時にはきちんと日焼け止めなどで対策をしておきましょう。

 

まぶたの日焼けを防ぐ

まぶたの日焼けを防ぐためには日焼け止めの他にもサングラスなどを利用して防ぐという方法もあります。

 

 

まぶただけでなく目なども紫外線によりダメージを受けることがありますので、それを予防する意味でもサングラスを使用するということは有効な手段です。

 

 

サングラス以外でも紫外線カットのメガネを使用するという方法もあるため、自分の生活状況にあった方法を利用して紫外線対策をしていきましょう。

 

 

年齢が比較的若い世代は、日焼けをしていることで健康的なイメージがあり肌の老化、シミやシワをそれほど意識しないかもしれませんが、加齢に伴い肌に対してダメージが蓄積されていくことになり、後々、シミやシワなどで悩むこともあります。

 

 

そのような状況にならないためにも、日ごろから紫外線対策をきちんと行い、自身の肌をしっかりと紫外線から守ることが大切です。

 

 

紫外線対策は、日焼け止めなどのグッズだけでなく、時間帯によっても対策をすることができます。

 

 

昼間の時間帯は日差しが強い時間帯といえます。

 

 

その時間帯では紫外線が強い傾向があるため、用事などがある場合にはできるだけ昼間の時間帯を避けて行動するようにするだけでも、紫外線対策につながるでしょう。

 

 

仕事だけでなく私生活においてもペットの散歩や健康のためのウォーキングやランニングを日課にしている場合には、定期的に外出をする機会があります。

 

 

短時間であっても毎日出歩くことを考えれば、紫外線に肌をさらす時間も多くなるため、その点を考慮して紫外線が比較的弱い時間帯や日が沈む時間帯などを狙って外出するように心がけることで自身の肌を守ることになるでしょう。

 

 

きれいな肌を維持するため、日焼けなどが悪化しないようにするためにも、自分なりの対策をしていくことや日焼けした時のケアをきちんと行うことが重要です。